モンスターカレンダー

« 2013年2月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728

2013年2月アーカイブ

 

亀頭責め...この方法を考えた最初の人物に僕は絶賛の声を与えたいぐらいだ。

というのもここで僕の体験談を少しばかり語りたいと思う。

それはある夏の日である。最近性欲が半端なく溜まっている僕は溜まりに溜まった性欲を発散したく風俗店に行く決意をした、ネットで様々な風俗店を探しこの際だからという事で自信がまだ体験した事のないようなプレイが出来るお店を探していたのだ。そこで以前仕事の先輩が話の中で何度か出てきた亀頭責めという言葉が頭の中に濃く印象に残っていた。この先輩はものすごく風俗好きなのでいつも参考になる話をしてくれる。

なので、亀頭責めを絡めた検索でお店を探していたのだ。

そこで気になるM性感のお店を見付け早速HPを参考に色々情報収集したのだ。見つけたお店は何やら亀頭責めを得意とする女性がいたのだ。早速僕は予約を取り派遣してもらう事にした、そしてホテルに到着した女性はなんともいえない美貌を持つ女性で雰囲気もオーラーもそこらの女性より遥かに圧巻的だった。こんな女性が痴女か!と驚きと自信が勝手に作ったギャップに一瞬にして飲み込まれつつも挨拶をし早速責めていただいた。

プレイは始まりから今までに味わった事のないようなプレイ!言葉では表せない位のレベルが非常に高いプレイ。そしてついに来た!待ちに待った亀頭責めが始まったのだ。最初はペニスをローションにまみれまくったとっても綺麗な指の長いお姉さんの手に優しく包み込まれた僕のペニスは恥ずかしながらいつも以上にビンビンにイキり立っていた。そして笑顔でお姉さんはコネコネになった手で亀頭をグリグリと葬ってきた。その手づかいはとっても優しく正直癖になるぐらいの気持ちよさだった。イキそうでもイかしてくれないお姉さんの亀頭責めにもう僕は限界を来てお姉さんにイかして下さいと叫んでしまったのだ。お姉さんは優しく微笑みイッていいよの言葉と同時に盛大にフィニッシュを迎えた。これまでに気持ち良い体験は生まれて初めてで射精した僕は感謝にみち溢れていたのだ。

僕はその後亀頭責めにハマりまくっている。是非体験した事のない男性は一度体験して頂きたい。

私の神戸での男の潮吹き&亀頭責めの体験談を書きます

私は、デリバリー大好きの大学4回生です~笑

もう就職も決まり、バイトと遊びと大忙しです~笑 いつも、バイト代が入れば、風俗店で遊んでいます()居酒屋のバイトが終わって、夜も深夜の2時を回ってからの風俗なので、デリバリーで自宅に呼んで楽しんでいます。大体、3つのお店を利用していて、今日はあの娘、明後日はあの娘のような感じで、いつもお金があれば楽しんでいます。自宅と言っても大学に通う為に親が借りてくれたワンルームで、もちろん家賃は親任せなので...()それに学生の間は仕送りしてもらっているんで、バイト代は全て遊び代となります(二ャッ)

その日も、お店に来た若い女の子が座る瞬間にチラッと見えてしまった...ピンクのTバックのパンツを見てしまいバイトしながらも勃起状態でした...()バイト終了まじかになるといても立ってもいられなくなり、休憩間から良く利用するデリヘルのサイトの出勤情報をチックしてました(不謹慎でスイマセ~ン)バイトが終わり、家にかえるまでに予約をしようと、サイトを覗くと...ガーンご予約完売!!他のお店もお気に入りの娘は皆完売状態で

仕方なく他のデリヘルにしようと思ってサイトを色々と探していると...亀頭攻め?男の潮吹き?これは未体験だと思い、早速予約して家へ急いでかえりました...()シャワーをさきに浴びて家で待っていると綺麗なお姉さまがきました...少し緊張していると大丈夫だから任せてねと、やさしく言ってくれプレイがはじまりました。私は、自慢ではないですが...凄く早くて...()何度もイク事ができます。そんな中...一回目の射精が終わり、心地よい快感を味わっていると...ローションまみれの自慢の息子を亀頭攻めされ、くすぐったいような感じを我慢しているとオシッコに行きたい気持ちになりお姉さんの手を払おうとした瞬間、ジョロジョロとオシッコが...その瞬間ものすごい快感で、しかも結構な量のオシッコが出て...ベットがビショビショになってしまいました。お姉さんにいっぱい吹いたわね~っと言われこれが、男の潮吹きだと思いました...その快感が忘れられず、今もバイト代が

入れば利用しています。皆さんの神戸のm性感店での男の潮吹き&亀頭責めの方法や体験談があれば是非、聞かせてください

 

神戸に住んでいる僕はドライオーガズムを神戸で求めてm性感のお店に通い詰めています。アナルマッサージやアナル責めでしか興奮しない僕は変態でしょうか?

 

淫乱な痴女にたっぷり言葉責めをされた後に責められるアナルはもう欲しがっているかのようにパクパクと口を開けていると思われます。

 

不敵な笑みを浮かべた痴女がその長く綺麗な指先にたっぷりのジェルやローションをつけさらにはアヌスにジェルを塗り付けてきます。僕はアヌスの力を抜き受け入れ準備を整えると痴女は優しく丁寧に人差し指をゆっくりとゆっくりと挿入していきます。少し入れては戻して十分にジェルをアヌスの壁に塗りこめるように・・・。

 

さらに指を進めて根元まで挿入した痴女は言葉責めを辞める事なく、さらには時には睾丸を揉みしだきながら指先をゆっくりと前後に動かしたり回したりしながらアヌスが十分指に馴染んで違和感を感じなくなるまでマッサージしてきます。

 

アヌスから中指を第二関節か根元まで入れてお臍の方へ少し曲げると10円玉位の大きさの少し硬い部分があります。ここが前立腺です。知る人ぞ知る魅惑の性感帯であり禁断の扉であもある前立腺。 人によっては最初は鈍痛お感じたり背中がぞくぞくとする独特な感覚に陥ったりするかも知れません。

 

エネマグラを使う場合はアヌスを支点にして外に出た部分を背中の方へ押すと直腸内の部分がお臍側に動いて前立腺を自然と押さえる感じになります。経験豊かな痴女はエネマグラをアヌスに挿入する長さや動かす角度などを微妙に調整しながら色々試しては僕が一番感じてしまうポイントを探ってくれます。

 

前立腺刺激による不思議な快感を味わうことが病みつきになってしまった変態な僕の様に一度前立腺の快感を覚えたら繰り返しくる極限的刺激に耐えきれず興奮のるつぼにハマった「性の虜」になる事でしょう。だんだんと快感が大きくなって自分でも驚く程の大きな喘ぎ声が出たりするようになれば貴男はドライオーガズムを迎える事が出来るでしょう。性器を直接刺激せずに快楽に身を任せたのちに射精感を味わう事が出来るわけです。ドライオーガズムこそがトコロテンですね。究極の快楽に貴男も神戸で一緒に溺れてみませんか?